夕方土地を見に行ってみる

不動産の仕事をしていて驚くのが、土地を一度見ただけで購入を決められるお客様が少なからずいらっしゃるのです。

朝、昼、夜、晴れ、曇り、雨、春、夏、秋、冬、平日、休日

状況により違う雰囲気を出すのに、一見しただけで決断してしまうお客さんはすごい判断力だなと。

でもそういう方々こそ、長く色々な土地をご覧になられているからこそ、「あっここ良い土地だな」と判断できるのでしょう。

土地探し初心者の方は、決して初めて見る土地を即決してはいけません。契約の諸条件や周辺環境を承知の上で熟考しましょう。良い土地を見つけて興奮する気持ちはわかります。建物プランを入れてみたり、銀行審査をしてみながらも、数回現地に足を運びましょう。

そんな訳で僕も、夕方の西御門を見に来ました。

さすがに4時を過ぎると陽も山側に隠れ、薄暗くなってきます。

土地もまだまだ造成が進んでおりません。凸凹しており、プランを考える上でも造成工事を進める必要がありそうです。

陽の差す午前中は暖かく、南風も吹いて気持ち良かったのですが、陽が落ちてからは一気に冷え込み山側から風が吹く事も分かりました。

改めてこうして別の時間帯に見てみて良かったなと感じました。是非皆さんも色々な時間に見てみましょう。営業マンには同行してもらわずご自身の脚で歩いてみるのも大事です。

洋一郎

土地もありますよ?

先日、取材に行った西御門の物件の周辺はまだまだ造成工事中。

どうもまだまだ何か建ちそうだと思っていたら、販売会社から連絡がありました。

これから数年かけて他にも賃貸アパート、シェアハウスを建てていくとの事。

二つは分譲地に

中央のプロムナードには桜の木も植えて、共有道路としていき、

コーポラティブハウスだけでなく、宅地としても分譲するという事でした。

中央は桜のプロムナナード

ただし、建築する家は周囲の家の意匠に合わせた切妻の屋根にする事など、街並みづくりに寄与することが条件でした。

「上岡さん、良いお客様いらっしゃいませんか??」と販売会社

すでにD-1区画は売却が決まっているとの事でしたが、D-2は販売中。

その気になるお値段は、、、

な、なんと2780万円!?

専用通路(棒状の土地部分)はあるものの土地面積は70坪弱

これは、鎌倉でも珍しい掘り出し物か!?

でも、これにはコーポラティブ方式による事情がありました。

(後編に続く)

洋一郎