どこのメーカーで建てるか

家やインテリアが好きで、新卒で勤めたのが大手ハウスメーカー。

営業ノルマには厳しい会社でしたが、家づくりについては勉強になりました。

家はつくる時だけでなく、その後のアフターメンテナンスの方が実は重要だと気づきました。そこはさすが大手ハウスメーカー、万全な体制と細やかなサービスが充実しています。勤めてみて思ったのは、この会社のサポート側の人たちは本当に真摯に仕事をされているなという事でした。これは自信を持って人に紹介ができます。

ただ、自分がこのメーカーの家を建てるかと言うと少し悩みます。

使用する部材は自社で作った信用のおけるものだし、工法は耐震性能だけでなく長期優良住宅として十分すぎるものですし、何より大手ブランド。

ただ、どうしても自分のイメージする家とはちょっと違う。

最新の太陽光発電をめいっぱい導入して、熱効率を最大限にりようするエネファームを設置して、自身や有事に備えて蓄電池も搭載!

補助金や、電力買取もあるから初期投資して、月々の光熱費0円。家計にも自然にもエコ!

なんとも上手い話でした。

国や大企業の後ろ盾もあるからとそうした設備を導入しても良いのだろうか。10年後、20年後には設備を交換してまた費用が掛かるのではないか。エコを謳っているが廃棄時にはどうなるんだろう。

そんな不安もあって、なんだか息が詰まりそうな感じがするのです。

そうか、自分はもっと自然体でパッシブな住宅を求めているんだ。

大手ハウスメーカーに勤めたからこそ分かった。自分の家に対する考え方。家とはもしかしたら自分の生き方、人生がそのまま写るのかもしれませんね。

仕事を通して地元に素晴らしいハウスメーカーがある事が分かりました。そのご紹介はまた次回

洋一郎

土地もありますよ?(後編)

コーポラティブハウスとは、入居希望者が集まり組合を組織して、その組合が事業主となって、土地取得から設計者や建設業者の手配まで、建設行為の全てを行う集合住宅の事です。

簡単に言えば、希望者で自由にマンションを一緒に造る感じでしょうか。間にディベロッパーのマージンが入らない為、低コストで思うような家が建てられるのです。

デザインも自分たちの思う様にできる。

海外で流行ってる新しい取り組みだろうかと思いますよね。でも日本では1921年に住宅組合法が制定されてから3万5千棟も建てられていて、そこそこ歴史もあるんです。

国の政策もあり、その後は一戸建て住宅が主流になっていきましたが、戦後の住宅不足の時代に、資金の少ない労働者層が家を取得できる手段だったのです。

現在のコーポラティブハウスは民間のプロデュース会社や建築士を中心に造られている

個人では買えないような大きな土地も組合を結成して共同購入、共同住宅を建てれば費用が抑えられるのです。

もちろん、マンションを皆で建てるようなわけですから、互いにスムーズに意見を交換できることも必要ですし、そこがこじれてしまうと少し大変なのがデメリットでもあるのがコーポラティブハウスなのです。

ただ、これからの時代、ますます人と人との関係が希薄になりつつあるからこそ、多少大変でも、近隣の人と交流する機会が必要だと思っています。子どもにも親のそうした姿勢を見せて育てていきたいと思っていたので、この西御門の土地を選ぶことは自然とすんなりいきました。

なんだか時代劇の長屋や、オールウェイズ3丁目の様に、地域がべったりのところは良いコミュニティに思えるのは、私の考えすぎでしょうか。

この西御門の土地になんだかそんな希望を感じたのです。

洋一郎

アイデアブック①玄関

玄関のイメージ

玄関はその家の顔。

玄関はその家を守るもの

玄関は人を迎える場所

だからこそ、力強くでも包容力あるものにしたい

家の様子が全く分からないのも嫌だし、

丸見えでも困る。

風と光を通して

温かく人を迎えて安心できて

帰りに振り向くと、「また来てね」と言ってくれるような

そんな玄関にしたい。

洋一郎