誰と一緒に土地を見るのか

土地から家を建てたい方も、恐らく土地探しは不動産屋の営業マンと一緒に行うと思います。

ここで一つ気を付けておかねばならないのは、彼ら不動産営業マンは、不動産仲介のプロであって、建築に関してはプロではないという事です。ある程度の法規制や地の利はあったとしても、プロの建築士には敵いません。

会社によってはノルマも厳しく、お客さんの都合より自分たちの成績を考える輩が残念ながら鎌倉にもまだまだいます。そんな彼らに土地探しを任せると結果的に土地に高い買い物をしてしまい、家にお金が掛けられなくなってしまいます。

私は、土地を購入する前の段階から、ハウスメーカーの方と一緒に見て頂くことにしました。

不動産屋の目線と違った、建築家の目線で土地を見ることも大事です。

土地の地盤改良は必要なのか?

この部分はどこまで盛土で埋めるのか?

などなど、私も気づかなかったポイントがたくさん。

不動産屋に決定を急かされるようなことがあっても、まずは工務店、ハウスメーカー、建築士と一緒に現地を見てアドバイスもらいましょう!!

家を建てられるようにする前段階で、工事にどれぐらいかかるのか費用をしっかり算出すれば、それをもとに価格交渉が出来ることもあります。

洋一郎。

大町の森に囲まれた土地

新緑が気持ちよい里山

といっても、鎌倉の大町です。

山を少し登ったところに、緑に囲まれた70坪程の土地が売却にでています。

価格は690万円。

えっなんで!?と思われるかと思います。

こちらは借地権の土地となっております。

しかも、車が入らない、駅から徒歩24分。

少し悩みどころですが、環境はとても素敵ですよ。

開放感もあって、陽当たり風通しも良い。久しぶりに山好きにはたまらない土地が出てきたなと思います。現金で買って、その後借地30年でも土地の代金としては1300万円ほど、しかも固定資産税はかかりません。建物に費用が掛けられますね。

 

ここの土地の元付業者(売主から売却依頼されている不動産業者)はヤマモトさん。鎌倉駅東口にある老舗不動産屋さんです。地代や更新料等の詳細は担当かなえさんという方にご連絡すれば丁寧に教えて下さいますよ。

2019年4月現在の情報です。終了の際はご了承ください。

あくまで参考情報としてご査収下さい。

洋一郎

夕方土地を見に行ってみる

不動産の仕事をしていて驚くのが、土地を一度見ただけで購入を決められるお客様が少なからずいらっしゃるのです。

朝、昼、夜、晴れ、曇り、雨、春、夏、秋、冬、平日、休日

状況により違う雰囲気を出すのに、一見しただけで決断してしまうお客さんはすごい判断力だなと。

でもそういう方々こそ、長く色々な土地をご覧になられているからこそ、「あっここ良い土地だな」と判断できるのでしょう。

土地探し初心者の方は、決して初めて見る土地を即決してはいけません。契約の諸条件や周辺環境を承知の上で熟考しましょう。良い土地を見つけて興奮する気持ちはわかります。建物プランを入れてみたり、銀行審査をしてみながらも、数回現地に足を運びましょう。

そんな訳で僕も、夕方の西御門を見に来ました。

さすがに4時を過ぎると陽も山側に隠れ、薄暗くなってきます。

土地もまだまだ造成が進んでおりません。凸凹しており、プランを考える上でも造成工事を進める必要がありそうです。

陽の差す午前中は暖かく、南風も吹いて気持ち良かったのですが、陽が落ちてからは一気に冷え込み山側から風が吹く事も分かりました。

改めてこうして別の時間帯に見てみて良かったなと感じました。是非皆さんも色々な時間に見てみましょう。営業マンには同行してもらわずご自身の脚で歩いてみるのも大事です。

洋一郎

土地調査の3大ポイント

これは、土地から家を建てたいお客様に僕が差し上げているチェックリストです。

ハウスメーカー営業を経験している僕は、メーカー目線と不動産屋目線の両方で土地を見るようにしています。

駅からの立地が良くて安いけど、家を建てるのは大変!とか

広さもあって地盤もしっかりしてる。思うような家が建てられるけど将来売れないような場所だったり、とか

ハウスメーカーの思惑と、不動産屋の思惑は意外と合わない事も多いのです。さらにお金のことが絡むと余計に双方うまくまとまりづらい、、、

ハウスメーカーは高いお家を建ててもらいたいから安い土地を買ってもらいたい。

不動産屋は高い土地を買ってもらいたいから安いメーカーで建ててもらいたい。

そんなメーカー、不動産屋で買っちゃダメですよ。笑

自分たちでも土地探しのノウハウを知って、判断できるようになってもらいたい。その一端として僕がいつも土地を見る時にしている事を項目表にしたのです。大きく分けるとチェックポイントは3つ

①販売図面からわかること

②行政の調査でわかること

③現地に行ってわかること

今後このブログでひとつづつ細かくご説明していくつもりですが、いづれも全部自分で調べられる事です。もしご興味あったらご連絡ください。詳しくご説明いたします。

洋一郎

初めましてにかえて

「 理想の家は三度目にして建つ 」

なんて言葉を知った時。三度も建てないと良い家は造れないのかとガッカリしました。

自分の仕事の不動産業を通しても、自分の家を持つことがどれほど大変か。それはお客様が家を建てるのを見ていて分かっていました。

自分は中古のマンションか、新築戸建を買うのかな、、、と思っていた矢先

ひょんなことから素敵な土地と出会いがあり、ここに家を建てたい!大変なことがあっても建てたい!と自分でも不思議と家づくりにむけて動けたのです。

このブログは鎌倉の不動産屋に勤める一会社員が、土地探しから家を建てるまで、その土地探しの方法、建築家と家を建てるのノウハウ、ローンやお金の話など、赤裸々に語るブログです。

時折、鎌倉の色々な魅力を織り交ぜながら、ぽつぽつと更新していくつもりです。

三度も家は建てられないかもしれないし、理想の家とは言えないかもしれないけれど、僕の家づくりが、これからお家を建てたい方の何か一つでも参考になれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

洋一郎