誰と一緒に土地を見るのか

土地から家を建てたい方も、恐らく土地探しは不動産屋の営業マンと一緒に行うと思います。

ここで一つ気を付けておかねばならないのは、彼ら不動産営業マンは、不動産仲介のプロであって、建築に関してはプロではないという事です。ある程度の法規制や地の利はあったとしても、プロの建築士には敵いません。

会社によってはノルマも厳しく、お客さんの都合より自分たちの成績を考える輩が残念ながら鎌倉にもまだまだいます。そんな彼らに土地探しを任せると結果的に土地に高い買い物をしてしまい、家にお金が掛けられなくなってしまいます。

私は、土地を購入する前の段階から、ハウスメーカーの方と一緒に見て頂くことにしました。

不動産屋の目線と違った、建築家の目線で土地を見ることも大事です。

土地の地盤改良は必要なのか?

この部分はどこまで盛土で埋めるのか?

などなど、私も気づかなかったポイントがたくさん。

不動産屋に決定を急かされるようなことがあっても、まずは工務店、ハウスメーカー、建築士と一緒に現地を見てアドバイスもらいましょう!!

家を建てられるようにする前段階で、工事にどれぐらいかかるのか費用をしっかり算出すれば、それをもとに価格交渉が出来ることもあります。

洋一郎。

どこのメーカーで建てるか

家やインテリアが好きで、新卒で勤めたのが大手ハウスメーカー。

営業ノルマには厳しい会社でしたが、家づくりについては勉強になりました。

家はつくる時だけでなく、その後のアフターメンテナンスの方が実は重要だと気づきました。そこはさすが大手ハウスメーカー、万全な体制と細やかなサービスが充実しています。勤めてみて思ったのは、この会社のサポート側の人たちは本当に真摯に仕事をされているなという事でした。これは自信を持って人に紹介ができます。

ただ、自分がこのメーカーの家を建てるかと言うと少し悩みます。

使用する部材は自社で作った信用のおけるものだし、工法は耐震性能だけでなく長期優良住宅として十分すぎるものですし、何より大手ブランド。

ただ、どうしても自分のイメージする家とはちょっと違う。

最新の太陽光発電をめいっぱい導入して、熱効率を最大限にりようするエネファームを設置して、自身や有事に備えて蓄電池も搭載!

補助金や、電力買取もあるから初期投資して、月々の光熱費0円。家計にも自然にもエコ!

なんとも上手い話でした。

国や大企業の後ろ盾もあるからとそうした設備を導入しても良いのだろうか。10年後、20年後には設備を交換してまた費用が掛かるのではないか。エコを謳っているが廃棄時にはどうなるんだろう。

そんな不安もあって、なんだか息が詰まりそうな感じがするのです。

そうか、自分はもっと自然体でパッシブな住宅を求めているんだ。

大手ハウスメーカーに勤めたからこそ分かった。自分の家に対する考え方。家とはもしかしたら自分の生き方、人生がそのまま写るのかもしれませんね。

仕事を通して地元に素晴らしいハウスメーカーがある事が分かりました。そのご紹介はまた次回

洋一郎

土地調査の3大ポイント

これは、土地から家を建てたいお客様に僕が差し上げているチェックリストです。

ハウスメーカー営業を経験している僕は、メーカー目線と不動産屋目線の両方で土地を見るようにしています。

駅からの立地が良くて安いけど、家を建てるのは大変!とか

広さもあって地盤もしっかりしてる。思うような家が建てられるけど将来売れないような場所だったり、とか

ハウスメーカーの思惑と、不動産屋の思惑は意外と合わない事も多いのです。さらにお金のことが絡むと余計に双方うまくまとまりづらい、、、

ハウスメーカーは高いお家を建ててもらいたいから安い土地を買ってもらいたい。

不動産屋は高い土地を買ってもらいたいから安いメーカーで建ててもらいたい。

そんなメーカー、不動産屋で買っちゃダメですよ。笑

自分たちでも土地探しのノウハウを知って、判断できるようになってもらいたい。その一端として僕がいつも土地を見る時にしている事を項目表にしたのです。大きく分けるとチェックポイントは3つ

①販売図面からわかること

②行政の調査でわかること

③現地に行ってわかること

今後このブログでひとつづつ細かくご説明していくつもりですが、いづれも全部自分で調べられる事です。もしご興味あったらご連絡ください。詳しくご説明いたします。

洋一郎

ハウスメーカー営業時代の失敗

 

某ハウスメーカーの営業をしていた時、担当をしていたお客様が購入した土地を見て愕然としたことがありました。

家づくりにお金を掛けたく、安い土地を探していたお客様。

不動産屋の「未公開物件」という言葉に乗せられて2,000万円台の土地を現金で購入されたのです。

その土地が写真の様な高い擁壁の上にある土地でして(写真はイメージです。)

家を建てようと思ったら擁壁のやり直しで+1,000万円ほど掛かってしまったという悪夢のような土地なのです。

お客様から電話で「良い土地が見つかった!」とお話しあった時、すぐ現地を見に行けば良かったと今となっては後悔しております。

電話の二日後見に行ったらもう契約済み、、、

現金で買えるからといって契約を急かす不動産屋、許すまじ。

是非、土地を探す際は設計士、ハウスメーカーの人とも見てくださいね。

必要以上の出費になる事もありますので、、、

洋一郎

 

初めましてにかえて

「 理想の家は三度目にして建つ 」

なんて言葉を知った時。三度も建てないと良い家は造れないのかとガッカリしました。

自分の仕事の不動産業を通しても、自分の家を持つことがどれほど大変か。それはお客様が家を建てるのを見ていて分かっていました。

自分は中古のマンションか、新築戸建を買うのかな、、、と思っていた矢先

ひょんなことから素敵な土地と出会いがあり、ここに家を建てたい!大変なことがあっても建てたい!と自分でも不思議と家づくりにむけて動けたのです。

このブログは鎌倉の不動産屋に勤める一会社員が、土地探しから家を建てるまで、その土地探しの方法、建築家と家を建てるのノウハウ、ローンやお金の話など、赤裸々に語るブログです。

時折、鎌倉の色々な魅力を織り交ぜながら、ぽつぽつと更新していくつもりです。

三度も家は建てられないかもしれないし、理想の家とは言えないかもしれないけれど、僕の家づくりが、これからお家を建てたい方の何か一つでも参考になれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

洋一郎