現地調査で気をつけたい8つのポイント

不動産会社のホームページやチラシを見て、素敵!と思って見学に行くけど、実際見てみたらそれほどでもないな、、、という事。ありませんか?

不動産屋の写真や動画ってなんだか良く撮れていますよね。実はかなり加工されてしまっている物も多いのが実情です。

写真やマイソク(販売図面)である程度の情報はわかりますが、やはり現地をしっかり見る事が鉄則です。

私たち不動産業者は現地調査を略して現調(げんちょう)と呼びますが、この中でも特に私が意識しているものをご説明いたします。

①土地と道路の高低差

②擁壁の建材、状態

③樹木、電線等の越境

④陽当たり、風通し、湿気

⑤境界がしっかり現存しているか

⑥盛土・切土かどうか

⑦地中埋設物があるかどうか

⑧嫌悪施設が周囲にあるかどうか

 

①土地と道路の高低差

マイソク(販売図面)に描いてある土地の平面図を見てみても、その起伏や植栽の状況は若ならいですよね。おっ!60坪もあると思って現地を見てみたら、傾斜地だったり、擁壁の法面があったりと、まるまるその土地をそのまま使えることは救い無いのです。また、前面道路と高低差があると後々家を建てるのに平地と比べてお金が掛かる事もありますのでご注意ください。

②擁壁の建材、状態

土地と道路に高低差があるという事は、何かしらの方法で擁壁が建造されているかと思われます。その擁壁が一体何で造られており、いつ造られたものなのか、しっかりと確認しておくことが重要です。家を建てる際に場合によっては擁壁を全てやり直さなくてはならないとなると、かなり大変な工事になり得ます。セットバックがあるかどうかも確認しましょう。

③樹木、電線等の越境

現地を確認すると、ほとんどと言ってよいほど、越境があります。樹木、塀、電線など。多少のものなら良いのですが、家の建築に影響をするものだとしたら問題です。隣地との越境物は少なからず近隣問題になり得ます。

④陽当たり、風通し、湿気

家を囲む環境の良し悪しは、住まいの快適具合だけでなく、家自体のメンテナンス、耐久にも大きな影響を及ぼします。特に鎌倉は海と森に囲まれて、湿気がたまり易い地形です。海側なのか、山側なのか、山側でも谷戸(やと:周りを山に囲まれた細長い地形の谷間)が南北に開けているか、東西に開けているかで全く環境が変わります。

⑤境界がしっかりと現存しているか

先ほどの越境とも係る事ですが、隣地との境界がしっかりと確定されているかどうかも重要になってきます。将来的に近隣トラブルになる可能性もありますし、再測量した結果、土地の面積が小さくなってしまう事もあります。確定測量がされてないとしても地積測量図があると安心です。

⑥盛土・切土かどうか

宅地を造成する際、その土地に土を盛って造った盛土、切り出して造った切土。地盤の強さからすると切土の方が強いのですが、山を切り崩して造った宅地の場合、一部盛土で造成した宅地も多いです。宅地の地盤の強弱は、家づくりに大きくかかわってきますので、どのように造成された土地なのか確認しましょう。

⑦地中埋設物があるかどうか

更地であっても、その土地に以前建物が建っていたりすると、その建物の基礎や浄化槽(生活排水、し尿を自分の敷地内で浄化し排水する設備)が埋まったままの可能性があります。家を建てる際に出土するとその掘削に費用と時間も掛かり、予定外の事態になる事もあります。

⑧嫌悪施設が近くにあるかどうか

土地を見学した際に、あまり周りの環境までは見て回ることも難しいでしょう。ただ実際に暮らすとなると、その周りにある施設は気をつけてチェックした方が良いでしょう。実際にその土地を見さんと訪れてついでに周りを歩いてみるのも良いでしょう。お墓、葬儀場といったものが苦手な方もいらっしゃるでしょうし、最近では保育園のような施設が苦手な方もいらっしゃいます。