未分類 / 2019.09.13

これだからやめられない。

鎌倉での不動産の仕事が面白くてやめられない。

なんたってこの仕事好きなところ。仕事中オフィスを抜け出して自然の中に行ける事。(行かざるを得ない場合が多いのですが)先日こんなことがあった。今担当している土地の隣地との境界が明らかに一つおかしい位置にある。図面を見ていて気がついた。「山林こんなところに隣地との境界はあるのだろうか」これは探しに行かなくては。土地の測量図でだいたいの位置を想定して、近くのハイキングコースから不明な境界杭を探して茂みを上っていたら別の林道に出た。こんな所普通、スーツに革靴でくる場所ではないけれど、だから不釣り合いすぎてなんだか面白くなってくる。気分も上がる。 

林道を少し進んだところで鎌倉の切通しに出た。大岩の圧倒的な存在感に押しつぶされそうになる。その岩をくりぬいて要塞にした先人たちの軌跡が歴史が身近にある事を感じさせてくれる。自然と歴史感じることができる。それが鎌倉。鎌倉ってあらためて良いところだな~すごいな~と感じる。件の境界杭も無事見つかり、帰路につく頃には仕事を忘れて楽しんでいる自分がいた。不動産はその土地に根付く仕事、自然と歴史がそこにある鎌倉での不動産の仕事はやめられないと思った。

こr